加藤浩次 ハリル電撃解任に「チーム内が良くない状態だったのか」

2018年04月10日 10時25分

解任されたハリルホジッチ監督

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(48)が10日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」に出演。サッカー日本代表監督の電撃解任に言及した。

 日本サッカー協会は9日、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任と、後任として西野朗技術委員長(63)の日本代表監督就任を発表した。番組では「W杯出場決定後の監督交代は日本サッカー史上初めて」など、異例の事態にあると伝えた。

 サッカー通で知られる加藤は「この時期に監督を代えないほうがいいのは、どんな素人でも分かるじゃないですか。それなのに、解任に踏み切った。(理由として)コミュニケーション、信頼関係という言葉が出ている。普通、監督の解任理由は、分かりやすくいったら成績不振なんですよ」と強調。解任の理由が成績がないことから「このまま(ハリル体制で)いくより代えた方がいいという判断。チーム内が、あまり良くない状態だったということがあったんでしょうね」と推察した。

 後任の西野朗技術委員長(63)については「監督経験がいっぱいある人なので、2か月でなんとかしてもらうしかないですね」とコメント。「西野さんがどういった選手選考をしてくるのか。あと3試合しかないですからね。その辺を見ていきたいと思います」と話した。