池上彰氏が後輩・有働アナに辛口エール たやすくジャーナリスト自称するな

2018年04月07日 16時30分

池上彰氏(左)と宮本隆治アナウンサー

 ジャーナリストの池上彰氏(67)とフリーの宮本隆治アナウンサー(67)が6日、新番組「日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く」(テレビ東京系、初回8日午後6時半)の記者会見に出席した。

 番組で案内人を務める池上氏と、ナレーターを務める宮本アナが登場。2人はともに1973年に慶応大を卒業し、NHKへ同期入局した仲。NHKでの池上氏と宮本アナの活躍ぶりは周知の通りだ。

 同番組は、旅先で池上氏とゲストがニュースの本質に迫ったトークを繰り広げ、旅先とニュースとの結びつきをわかりやすく解説する。池上氏は「こういう番組なら、宮本だと良い味が出るんじゃないかとお願いした」と宮本アナを“指名”したという。

 これに対して宮本アナは「たくさんのアナウンサーがいる中、私に白羽の矢を立ててくれた。これぞ同期愛ですね!」と笑顔。池上氏は「暇だと思って…」と突っ込んで笑わせた。

 NHKといえば、3月31日末で有働由美子アナ(49)が退局したばかり。宮本アナが「彼女は報道、娯楽を使い分けられる人」と語ると、池上氏は「私もNHKを辞めて、民放で仕事をしながら同局の番組に出るようになり、同局がそれを許容するように変わった。幅広く有働さんがやっていたことが認められた」と分析してみせた。

 有働アナが退局にあたり「ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります」とコメントしたことに、宮本アナは「アナウンサーが辞めるとき、わざわざジャーナリストとして、なんて言わないですよ。彼女は第2の池上彰を目指しているのでは?」と池上氏に投げかけた。これに、池上氏は「たやすくジャーナリストなんて自称してほしくない」とバッサリ。“女・池上彰”を目指すとも報じられる有働アナには古巣の先輩らしく、辛口エールを送っていた。