おばたのお兄さん 山崎アナとの夫婦生活に悩み「満足いくようには…」

2018年04月05日 23時50分

山崎アナとの新婚生活を語ったおばたのお兄さん

 お笑いタレントのおばたのお兄さん(29)ら吉本興業所属の芸人12人が5日、都内で「よしもとモノマネアワー配信決定」発表会見に出席した。

 同社は動画配信サイト「ユーチューブ」チャンネルに「よしもとモノマネアワー」を開設。モノマネを芸風とした芸人にスポットを当てた動画をこの日から配信し始めた。それぞれの芸人たちが得意のものまねでPRしたが、やはり注目されたのは、おばただ。フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)と結婚したばかりとあって、報道陣からの質問が集中した。

「格差婚と呼ばれているが」と聞かれると「いや、月によっては妻の給料を超えることがあるんですよ」と意外な答え。

「給料明細を見せているんですよ。『頑張ってるね』と言ってくれてます。初めて超えたときは『未来が見える』と泣いていましたね(笑い)。家賃とかご飯代は僕が多く出してますし。足りてるか? 足りてます!」と力を込めた。

「子供は何人ぐらい欲しい?」という質問には「理想は3人」とキッパリ。「育てるのは大変ですけど、男の子も女の子も欲しいです」と語った。

 とはいえ、山崎アナは現在朝の情報番組に出演中。夜は早く就寝し、午前3時には起きる生活だ。そこで「夜の夫婦生活は?」と踏み込まれると「そこは…なかなか、満足いくようには…」と、うまくいっていないようだ。おばたは以前、浮気したこともあるだけに、再び悪い虫が騒がないか心配だが「いえいえ、夜は24時間営業のフィットネスジムに通ってクタクタになっているので大丈夫!」と自信満々だった。

 たしかにラブラブなのは間違いない。昨日もおばたがトマトパスタをつくると山崎アナは「お店で食べるよりおいしい」と喜んだという。

 自身がものまねする俳優の小栗旬からも「やさしくしてやれよ」と祝福されたおばた。今後も妻ひと筋でいけるか。