水道橋博士が毒ガス噴射「炎上しているのは光進丸だけではありません!」

2018年04月03日 20時33分

水道橋博士

 お笑い芸人の水道橋博士(55)が3日、東京・千代田区のTOHOシネマズ日比谷で行われた映画「ダンガル きっと、つよくなる」(6日公開)の応援上映プレイベントに登場した。

 全世界興行収入340億円というインド発のメガヒット映画が、いよいよ日本公開を迎える。インドに実在したレスリングを愛する熱血パパと、その娘たちの壮大な逆転サクセスストーリーで、大の映画ファンで知られる水道橋がその魅力を語った。

「火消魂」の衣装を着て登場した水道橋は「炎上しているのは、光進丸だけではありません!」といきなり毒ガス全開。タイトルについては「最初は『ダンガル』じゃなくて『ダンカン』だと思いました。『きっと、つよくなる』というのは完全に“かわいがり”のことですね」と、たけし軍団をネタに笑わせた。

 映画については「僕がコピーを書いたんです。『インド人以外もびっくり』。それぐらい大ヒットする映画です」と話し「興行収入が多いというのは当たり前。インドは人口が多い国で、映画は娯楽ナンバーワンなわけですからね」と冷静な分析もした。「すごい映画、でも、ハードルを上げ過ぎるのも良くないんですよね」と苦笑いした。