つるの剛士が塾通い告白 今のままでは「(子供に)勉強しろと言えない」

2018年04月03日 15時31分

塾通いを始めたことを明かしたつるの剛士

 タレント・つるの剛士(42)が不動産会社アイビーアイのイメージキャラクターに起用され、3日、都内で行われた新ウェブCM発表会に登場した。

 つるのは2男3女の父親で子育てに熱心なイクメンとして知られるが、何と自分が塾通いを始めたことを明かした。おバカタレントとしてブレークしたものの「(子供たちに)勉強しろと言えない。自分がしてこなかったので」と悩んだそうだ。

 昨春には中学3年の長男が成績について学校の先生に呼ばれたそうで、自身の学生時代と同じことを繰り返していると痛感。「パパ(つるの)が(塾に)行き始めた。子供の塾をやめさせて」と驚きの理由をサラリと告白した。子供に手本を示したかったのか、一念発起して塾通いを始めたという。

 個別指導でパーティションで仕切られているそうだが、一般の子供たちの中で金髪のタレントが机に向かう姿は何とも異様。それでも、仕事で行けない日などは自宅でネット授業を受けているといい、熱心に勉強しているようだ。

 科目は「歴史からやっている」といい、子供とも「問題を出し合ったりしている」。今後については「国語とかやっていきたい」と意気込んだ。