ダイアモンド☆ユカイ×杏子対談「とんでもない過去」を暴露?

2018年04月07日 11時00分

80年代後半のロックシーンをけん引した杏子(右)とユカイ

【ダイヤモンド☆ユカイ「昭和ロックを語る時が来た!」】「レッド・ウォーリアーズ」のボーカル、ダイアモンド☆ユカイ(56)が、ゲストを招いて昭和の終わりに巻き起こった日本のロックムーブメントをひもとく当企画も“春のリニューアル”。今回からは男女ボーカルで1980年代に人気になり、最近も芸人の歌マネで注目を集めた「バービーボーイズ」の女性ボーカル・杏子(57)を迎える。まずは杏子がユカイのとんでもない過去を暴露!?

 ――おふたりが初めて会った日のことを覚えていますか

 ユカイ:う~ん…、記憶にございません。

 杏子:広島だったかで、グループが一緒になったのが最初だと思うけど、怖いから近寄らなかった。ユカイ君たち、夜とか暴れてたでしょ(笑い)。ロック!って感じで、ホテルの窓からテレビを投げるチームとかいたもんね。

 ユカイ:夜、暴れるって人聞きの悪い…。まあでも、確かにあのころはそういうロック的なチームにいたね。

 杏子:だから怖くて話したことなかったの。初めて話したのは「URASUJI」(杏子出演、プロデュースの舞台)に出てもらった時?

 ユカイ:その前に西城秀樹さん主演のロックミュージカル「Rock To The Future」(1996年)で共演しているよ。

 杏子:あー! でもあの時も怖そうだから話さないでおこうって、女子チームはみんな距離を置いていたよ(笑い)。

 ユカイ:俺がまだとんがって生きてた時代だね。みんな腫れ物に触るみたいな感じだった。

 杏子:そう、だから公演期間中は話さなかったんだけど、終わってみんなで伊豆へ打ち上げに行こうという話になって、東京駅で待ち合わせしたでしょ。そしたら一人、集合時間に遅刻した人がいて。私たちは出発の時間までお弁当買いに行ったりしてたんだけど、その間、ユカイ君はその人のことを気にして、駅員さんのところまで行って館内放送をお願いしてたの。

 ――96年というと、まだ携帯電話があまり普及していないころですね

 杏子:買い物してたら「銀の鈴で田所豊(ユカイの本名)さんがお待ちです」って放送がかかってね(笑い)。そういう対応に時間を取られ、ユカイ君は自分のお弁当を買えず、伊豆へ行く「踊り子号」の中で「腹減った~」「腹減った~」って。で、やっと車内販売が来たんだけど、わさび漬けしか売ってなかった(笑い)。

 ユカイ:よく覚えてるね。

 杏子:その時、女子がみんな「ユカイ君って、実はいい人じゃない!」ってびっくりしてたの。緊急事態だから素が出たんじゃないかって。

 ユカイ:俺には普通のことだったんだけどな。

 ――舞台期間中、ユカイさんはとんがっていたという話ですが

 ユカイ:俺、ほとんど舞台の稽古行かなかったんだよ。セリフがあんまりなかったから、これならアドリブでいいや。稽古もしないでいいかって。本番もずっとアドリブでやってた。

 杏子:本当にアドリブだったよね。だから私たちはすごくドキドキしてたの。舞台ってやりとりだから、ちょっとしたセリフでもちゃんとやらないと怖いのに、ユカイ君はだいたいこんなセリフだろう、って感じでずっとやってた。

 ユカイ:どんどんセリフが増えたりね(笑い)。あのころの俺は普通じゃない時期だったから、今思うと迷惑かけたよね。秀樹さんも警戒して声をかけてくれなかったんだよ(笑い)。

 杏子:そりゃそうよ(笑い)。

 ユカイ:怒ってる役だから、ずっと怒ってて、それで余計にみんな近づいてこなかった。橋本さとし(俳優、当時は劇団☆新感線所属)だけだったよ、話してくれたの。

 ――そういう流れがあっての東京駅での出来事なんですね

 ユカイ:そんなに女子チームの評価が上がったなら、ちゃんといっとけばよかったな。ところで、伊豆に着いてから、みんなでプールに入ったじゃない。あの時、秀樹さんが「杏子って意外にいいボディーしてるな」って話してたんだよ。スタイルいいなって。

 杏子:なーに言ってるの!

(次回はユカイが語る杏子とバービーボーイズ)

☆プロフィル=きょうこ 1960年8月10日生まれ。83年にバービーボーイズとCBSソニーのオーディションを受け、グランプリ獲得。後に正式加入し、84年にデビュー。92年に解散後はソロアーティスト、山崎まさよしらとのユニット「福耳」などで活躍。9月に「Augusta Camp 2018 20th Anniversary」開催。

☆プロフィル=ダイアモンド・ユカイ 1962年3月12日生まれ。東京都出身。86年に「レッド・ウォーリアーズ」のボーカルとしてデビュー。89年に解散後、数度再結成。4月13、14日「角川シネマ・コンサート」(東京国際フォーラムホールA)にゲストボーカルとして出演。5月27日にレッズとして「FM NACK5 開局30周年記念『King’s Rock’n Roll“the Very best of Red’s”』」(東京国際フォーラムホールA)出演。