「西郷どん」特番の視聴率は9・7% 本編休止の異例放送にファンから疑問の声も

2018年04月02日 11時46分

俳優の鈴木亮平

 1日に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」の特番「西郷どんスペシャル~鈴木亮平×渡辺謙の120日~」の平均視聴率が9・7%だったことが2日、分かった。

 今回の特別編では、制作現場の舞台裏にカメラが入り、西郷隆盛を演じる主演・鈴木亮平(35)と「師」薩摩藩主・島津斉彬役を務める渡辺謙(58)の対談のほか、120日にわたる2人の密着ドキュメントを放送した。

 迫真シーンの裏側などが明かされ、SNS上では「撮影に賭ける想いが熱すぎて痺れる」「大好きなお二人の対談でニヤけが止まらず」とファンが歓喜の声を上げた。

 しかし一方では、「本編の時間にやるのは疑問」「スペシャルは本当別な時間にしてほしい」と本編を飛ばしての異例の放送に疑問の声も散見された。

 なお、本編の視聴率は、第1話15・4%→第2話15・4%→第3話14・2%→第4話14・8%→第5話15・5%→第6話15・1%→第7話14・3%→第8話14・2%→第9話14・8%→第10話14・4%→第11話→14・6%→第12話14・1%と推移。特番も期待されたが、9・7%と2桁には届かなかった。

関連タグ: