岡田奈々 まゆゆと初対面“さいアリ”で初センター曲披露「めちゃめちゃうれしい」

2018年04月01日 19時56分

岡田奈々(中央)

 人気アイドルグループ「AKB48」が1日、さいたまスーパーアリーナで「AKB48単独コンサート~ジャーバージャって何?~」を開催した。

 単独コンサートは2016年3月の横浜スタジアム公演以来2年ぶりで、昼夜公演で合わせて3万人のファンを動員した。

 最新シングル「ジャーバージャ」で初センターを務めた岡田奈々(20)は「自分の初センターの楽曲が、コンサートのタイトルになってるのがめちゃめちゃうれしい」と喜びいっぱい。さいたまスーパーアリーナは尊敬する元AKBの渡辺麻友(24)と“初対面”した思い出の場所でもあり「憧れの渡辺麻友さんに会いに行ったのが『桜の木になろう』(2011年)の全国握手会。その時に一緒に行った親友を、今日は初めて招待したんです。晴れ姿を見せられたら」と意気込んだ。

 また「第10回AKB48世界選抜総選挙」(6月16日開票)の“投票権”が封入される52枚目シングル(5月30日発売)で、初センターを務める小栗有以(16)も決意表明。「センターに選んでいただけてうれしいけど、不安もある。でも、メンバーや先輩方が支えてくださる。AKB48の魅力や、まだまだ勢いあるぞというところを見せられたら」と力を込めた。

 そんな頼もしい小栗の姿にニンマリの最年長・柏木由紀(26)から「私のモノマネもやってくれてるんだよね? 一生のお願い、ここでやって」と頼まれると「寝ても覚めてもゆきりんワールド、夢中にさせちゃうぞ! ゆきりんこと柏木由紀、26歳です」と披露した。

 これに柏木は「ちょっと待って! 26歳ですって、私、自己紹介で年齢言ってないし」とまさかの“オバちゃんイジり”に大慌て。さらに小栗の年齢を確認すると「私と10歳違うの…」と固まってしまった。