ざわちん「温泉合コン」絡みのヤバすぎる“詐欺被害”告白

2018年04月01日 17時13分

左からざわちん、青木隆治、高城亜樹

 元AKB48の高城亜樹(26)、ものまねメークタレントのざわちん(25)、ものまねタレントの青木隆治(37)が1日、都内で行われたスキンケア商品「TiMO」の発売記念イベントに出席した。

 イベントの冒頭、青木が「L’Arc~en~Ciel」のボーカル・HYDE、ざわちんは「X JAPAN」のYOSHIKIに扮して登場。もっとも、青木はどちらかといえばジョニー・デップ似、「ものまねメークでマスクをしないのは初めて」というざわちんに至っては誰だか分からない状況に周囲がザワついたが、すかさず高城が「HYDEさん、YOSHIKIさん、すごく似てます!」とフォローした。

 この日はエイプリルフールということもあって、過去にだまされたエピソードを披露。青木は「親父が連れてきた建築業者が、自宅の建築費用800万円を持って逃げちゃったことがある」と多額の詐欺被害に遭った過去を告白した。

 一方、ざわちんは「高校3年生のときに温泉合コンをしようと言われて、温泉代金3万円を支払った後に男の接待をさせられると知って断り、お金を返してもらえなかったことがある。絶対、下系のヤバいやつでした」と赤裸々告白し、周囲を驚かせた。