鯉党・世良公則が開幕戦で国歌独唱 イチオシ選手は「ポップな菊池くん」

2018年03月30日 18時54分

国歌独唱を行う世良公則

 歌手の世良公則(62)が30日、プロ野球開幕戦となった広島―中日(マツダスタジアム)で国歌独唱を行った。

 広島県福山市出身の世良は「始球式でもここの球場に来たけど、アットホームな感じ。(ファンとの距離が)近すぎてあがっちゃった」と若干の緊張を明かした。

 鯉党としてイチオシ選手に挙げたのは菊池だ。攻守での存在感は当然ながら、プレー以外の一面に注目し「菊池くんはポップカルチャーを感じる。ファッションも華麗にまとっているし。自分も(歌手という仕事上)世代にかかわらず、最先端の音に触れるし、ポップな人が大好き」と独特な表現で期待を込めた。

 また、球団史上初のリーグ3連覇を目指すチームには「優勝すると思っているし、優勝するべくして始まっている。いいプレーを出して楽しませてくれたら」とエールを送った。