セレーナ・ゴメスがジャスティン・ビーバーに“決別メッセージ”

2018年03月31日 16時30分

ジャスティンと完全破局のセレーナ(インスタグラムから=@selenagomez)

 米人気歌手で女優のセレーナ・ゴメス(25)が破局したカナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバー(24)に“決別メッセージ”を送った。米芸能サイト「X17」が報じた。

 セレーナは最近、友人たちとローラースケートを楽しんだ。そのとき黄色のTシャツを着ていたが、その胸元には「女性のパワーを甘く見ないで」との文章がプリントされていた。これは明らかにジャスティンへの「あなたとはもう終わり」と完全決別を告げるメッセージだという。

 ジャスティンとセレーナは昨年10月に電撃的に復縁して話題を呼んだ。今年3月上旬にはジャマイカで行われたジャスティンの父親の結婚式にセレーナを同伴したことで結婚秒読みと報じられたが、直後に破局してしまった。

 セレーナの母親がジャスティンとの復縁に猛反対していたことや、ジャスティンが母親と2人で旅行したときにセレーナが嫉妬してしょっちゅう電話してきてジャスティンと喧嘩になったのが原因と報じられた。また、ジャスティンのわがままな性格が改められず、セレーナがさじを投げたとも伝えられた。

 スーパーカップル破局の波紋が広がるなか、ジャスティンには早くも新恋人が出現。モデルのバスキン・チャンピオン(22)とクラブで遊び、一緒にいた友人たちも連れて自宅に連れ込んで朝まで盛り上がっていたと報じられた。バスキンと笑いあったりして、かなり親密そうだったという。セレーナへの“あてつけデート”とも取れるジャスティンの行動に、セレーナが「女性のパワーを甘く見ないで」と引導を渡したのではないかというわけだ。

「セレーナはジャスティンを愛していたが、もう無理だと最終的に別れることを決断した。2人はあまりにも多くの問題を抱えていた。彼女は他の男性と新鮮な気持ちで付き合いたいと考えている。ジャスティンとの破局のショックからはすっかり立ち直って前を向いていますよ」とセレーナ関係者。

 これまでに何度も別れたり復縁したりを繰り返してきたジャスティンとセレーナだが、今度はもう復縁はなさそうだ。