橋本マナミ 里崎氏から「始球式の必勝法」伝授される

2018年03月29日 14時25分

始球式の練習を行った橋本マナミ

 セクシータレントの橋本マナミ(33)、元ロッテ捕手の野球解説者・里崎智也氏(41)が29日、都内で行われた「J:COMプロ野球12球団全試合生中継記念イベント」に出席した。

 外では下着ナシ、家では全裸主義を貫く橋本は「父の影響で、小さいころから野球を見ていた。今は野球選手の友達がいるので、試合を見に行ったりする。家では全裸で飛び上がって観戦する。小さいころから巨人を応援してきたので、今年は巨人の優勝を見たい」とこともなげに語る。

 これに対しノリのいい里崎氏は「僕も家では裸で見る。想像するだけでヤバい」などと鼻の下を伸ばした。その里崎氏はオープン戦を「ソフトバンク、広島が不調で若干、不安は残った。逆に巨人はオープン戦首位で元気だった」と振り返り、セは広島、パはソフトバンクとペナントレースの優勝チームをガチ予想した。

 続けて「広島は若手の突き上げ、外国人同士のレギュラー争いがある。チーム内の競争があるので強い。ソフトバンクは負ける要素がないので、日本一になるはず」と説明した。

 ダークホースは上原浩治が帰ってきた巨人だとか。古巣のロッテには「井口さんが新監督になったばかりなので、目先の利益より長期的なビジョンを持つべき。5年後に日本一になればいい」とエールを送った。

 橋本は始球式で数多くの有名人の球を捕ってきた里崎氏に「これまで3、4回始球式をしたが、今度こそはノーバンで投げて、ノーパンと見間違う見出しをつけてもらいたい」と相談。

 里崎氏は「早く正面を向くほど手投げになる。横を向いたまま、左手を差し出すことが重要」と橋本に始球式の“必勝法”を伝授した。