オリラジ中田がビビット卒業「攻撃してしまった人に陳謝したい」

2018年03月28日 10時57分

中田敦彦

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(35)が28日、コメンテーターを務めてきたTBS系「ビビット」からの卒業を発表した。

 この日、スーツ姿で出演した中田は自身が担当する「中田プレゼンテーター」の最後に卒業を報告。「初めてコメンテーターという仕事を仰せつかったんですけど、32歳で社会に物申そうという勇気があったなあと思う。3年間の中でいろいろ勉強させてもらいました。とにかく楽しいことも多かったし、反省もあります」と振り返った。また「時として、盛り上がるかなと思って必要以上に攻撃的になってしまったこともあった」と反省。中田は「不倫は絶対ダメ」の姿勢を崩さず、芸能人・有名人のスキャンダルを糾弾し、先輩芸人にもかみつくこともあった。「今となっては、攻撃してしまった人に陳謝して回りたいという気持ちもあるんですよ」と反省した。それから「今後は社会の皆さんに納得してもらえるように、より見識を深め、アイツに何か言ってもらいたいと思われるような人材になりたい」と意気込んだ。

 MCの国分太一(43)は「不倫問題でビビットを盛り上げてくれた。大変なこともあったと思う」、真矢ミキ(54)は「リスクを背負いながら、自分の考えで攻めてくれたのは素晴らしかった」と中田をねぎらった。