藤田紀子 池坊議長に苦言「貴親方を個人的感情で『憎し』って感じ」

2018年03月27日 14時00分

女優の藤田紀子

 女優の藤田紀子(70)が27日に放送されたフジテレビ系「バイキング」に出演し、貴乃花親方(45=元横綱)に見込まれる厳しい処分についての不満を漏らした。

 番組では、暴力騒動が続く相撲界の現状を特集。26日に行われた相撲協会の理事会で全会一致の3選を果たした八角理事長(54=元横綱北勝海)が「暴力根絶」に強い意欲を示したことや、愛弟子・十両貴公俊(たかよしとし=20)が起こした付け人への暴力問題後、貴乃花親方の発言や対応が変化したことについて、ゲストたちが持論を展開した。

 その中で、評議員会の池坊保子議長(72)が26日の会見後、貴乃花親方について「天知る、地知る、人知る」(中国故事で「隠していても必ず悪事は発覚する」の意味)と発言したことが伝えられ、同親方と貴公俊への処分の見込みが紹介された。これに藤田は「よっぽど貴乃花親方、部屋が憎いのでしょうね。あの池坊さんも。個人的な感情で『憎しよ』って感じますね。お子さんもいらっしゃるでしょうにね」と怒りをあらわにした。

 貴乃花親方への処分は、29日に開かれる理事会で決定する。今場所までの「役員待遇委員」から「主任」や最下位の「年寄」への降格が有力視されているが、協会幹部の間では一定期間の「業務停止」とする案も出ているという。