高橋ひとみ まるで引っ越しの衣装大量持ち出しで“離婚”疑惑!?

2018年03月24日 12時51分

高橋ひとみ

 女優の高橋ひとみ(56)が24日、都内で新刊「高橋ひとみのスタイルブック Hitomi Bon!」(主婦の友インフォス)の発売記念トークショー&サイン本お渡し会を行った。

 プライベート時の私服がファッショナブルと定評のある高橋は、今回初めて自身の衣装やアクセサリーを公開。「インスタグラムでプライベートの写真を載せていたら『スタイルブックを作ってみませんか』とお話をいただいたんです。『私でいいの?』と思ったんですが、大満足のものができました。スタイリストは入っておらず、本当に日常の私なんですよ」と語った。

 自宅のワードローブから引っ張り出した服は、2トントラックに段ボール40箱分という大容量。さらにはスーツケースにありったけのものを積み込んで撮影に向かった。

 50代の一般男性と結婚して5年だが、まるで引っ越しをしているかのような光景に「近所では『離婚したんじゃないか』と思われてそう」と心配したという。「なので(撮影が終わったら)わざと仲良く手をつないで近所を歩いた」と笑った。

 だが、本が出来上がるまでは苦労の連続。高橋はもとより、夫もファッションには人一倍こだわりがあるため、当初2~3日で撮影を終える予定が、3か月もかかった。「休みの日は毎回、本の打ち合わせ。編集長と一触即発の状況にもなった」そうで、それだけに完成したときは「泣きそうになった」。

 自分でも「出来すぎ」と評価する初めてのスタイルブックは、濃厚な一冊になったようだ。