とんねるず みなおか最終回で替え歌「フジテレビを おちょくるなよ」

2018年03月22日 22時56分

とんねるずの石橋(左)と木梨

 お笑いコンビ「とんねるず」(石橋貴明=56、木梨憲武=56)の長寿バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が22日、最終回を放送した。

「さいごのうたばん」として、同番組から生まれたユニット「野猿」メンバーがゲスト出演。コントの数々やヒット曲を振り返った。また、放送第1回のゲスト・松田聖子(56)も登場し、コント共演を懐かしんだ。スタジオ収録部分の最後は石橋、聖子、木梨の3ショットでカメラに向かってあいさつ。石橋が「それでは、また来週」と笑わせ、木梨は「どこかで」と締めくくった。

 それからエンディング曲「情けねえ」を生披露。ここで2人はサビの歌詞を変えたのだ。石橋は「この国を」を「バラエティーを」に替え、木梨が「滅ぼすなよ」と続けた。また最後のパートでは木梨が「この国を」を「フジテレビを」と替え、石橋は怒りの表情で「おちょくるなよ」と歌い上げた。「バラエティーを 滅ぼすなよ」「フジテレビを おちょくるなよ」は、2人からの最後のメッセージだった。

 演奏を終えると石橋と木梨が「みなさんのおかげでしたは、今日でこれまで、バーイ・センキュー」と最後のあいさつを行い、30年の歴史に終止符を打った。テロップには「30年間支えてくれたすべての仲間とテレビの前で同じ時代を過ごしてくれたあなたに愛と感謝を込めて…みなさんのおかげで」が映され、真っ黒な画面に大きく書かれた「した」の2文字が映され、30年の歴史に幕を下ろした。