元総理そっくりさん「まっく赤坂見附」にマック赤坂氏が出馬コール

2018年03月21日 23時20分

意気投合した?まっく赤坂見附(左)とマック赤坂氏

 元総理のそっくりさんと永遠の泡沫、いやカリスマ候補の“夢の対面”がついに実現した! 殿の命名により「まっく赤坂見附」に改名した、たけし軍団の鳩山来留夫(本名・鶴見憲=44)が21日、スマイル党総裁で実業家・マック赤坂氏(69)の事務所を訪ね、スマイル党からの出馬を打診された。

 本紙既報の通り、師匠・ビートたけし(北野武本紙客員編集長=71)の思いつきで改名させられた鶴見は、マック氏からツイッターで“出頭要請”を受け、事務所を訪ねることになった。

 まっくは「多少、アウトレイジな状況を連想しつつも、殿の弟子として少しでも笑いを取るため、マックさんの政見放送を参考にドンキで衣装を揃え、コスプレして行った」という。

 マック氏といえば、得票率1%以下が当たり前という“泡沫候補”の常連で、あくまで選挙にこだわるその生きざまは、映画にも取り上げられたほどだ。まっくは「クレームをつけられるのではないか」と緊張でガチガチになりながら“世紀の対面”に臨んだが「いきなり満面の笑みで握手された。鳩山元総理のように優しかった」と予想外の肩透かしを食らった。

 続けて「一緒にスマイルを広めよう。ぜひ、スマイル党の宣伝部長になって選挙に出てほしい。私も次の都知事選か参院選に出るから。スマイル党から2人が受かったら、すごいことになる」と口説かれ「その衣装はいいね」と褒められた。

 マック氏はまっくのいでたちを見ながら、事務所に用意してあった衣装を引っ張り出し、政見放送でおなじみの天使スタイルに変身。まっくとともにマックバーガーにかぶりついた。

 まっくは「10度、20度、30度のスマイルトレーニングの練習を何度もやらされて疲れた。僕からは『一緒に漫才をやってくださいよ』と言って承諾してもらったが、コンビを組んでM—1に出たら2回戦あたりで落ちそう。2人でいろいろやっても、秘書の方が全く笑ってくれなかったので」と苦笑した。

 マック氏は「ぜひ、たけしさんに会わせてほしい。できるなら、たけしさんが独立した事務所に入りたい」と訴えたというが、まっくはたけし軍団で下から2番目の弟子にすぎない。「一応、殿には伝えます」と返事をしてその場を切り抜けたという。

 オフィス北野から独立するたけしが思わぬ“スーパースター”と合流する可能性はあるのだろうか。