岩田剛典 子供が「早く終わって!」と叫ぶも笑顔で対応

2018年03月20日 21時46分

土村芳(左)と岩田剛典

「EXILE」「三代目J Soul Brothers」の岩田剛典(29)と女優・土村芳(27)が20日、都内で行われた映画「去年の冬、きみと別れ」(公開中)の舞台あいさつに登場した。

「教団X」などで知られる芥川賞作家・中村文則氏(40)による予測不能の衝撃作が原作。岩田は「ラストでの大どんでん返し。裏切られた人も多いと思う」と見どころをアピール。土村は「見る人によって、いろんな解釈ができる映画。愛について考えさせられます」と明かした。

 岩田は「(土村は)盲目の役で、目を合わせる機会が少なかった。接近するシーンで、きめ細やかな肌だなぁと思って見ていました」とニンマリ。タイトルにちなんで「人生を変えた出会いは?」と問われると「高反発まくらに出会いました。ストレートネックなので、いいですよ」と明かした。

 岩田が話している最中に、子供が「早く終わって!」と叫ぶアクシデントもあったが「元気だね!」と笑顔で対応。最後に「自分にとって思い入れが強い作品。すごくはかなくて、切ない物語です」とPRした。