奇跡の48歳!渡辺美奈代がアイドルよりスタートが短いワケ

2018年03月19日 16時30分

「ハコイリムスメ」のライブにゲスト出演した渡辺美奈代(中央)

 元おニャン子クラブの渡辺美奈代(48)が18日、横浜で行われたアイドルグループ「ハコイリ♡ムスメ」のライブにゲスト出演した。

 ハコイリは結成以来、1980~90年代のアイドルソングをカバーしており、先月リリースしたアルバム「青春の音符たち~Respect for 80’&90’~」で、おニャン子クラブの楽曲などを歌唱している。この日は渡辺をゲストに迎え、往年の名曲をパフォーマンスした。

 ハコイリのメンバーよりも短いミニスカートで登場した渡辺は「ハコイリさんたちの衣装に合わせてきたつもりですが、一段と短くなりまして。違和感? ないですね」と笑顔を浮かべた。

 2児の母(長男は歌手・矢島愛弥=20)の渡辺は、10代のメンバーばかりのハコイリと同じステージに立って「自分の子供たちより小さい子がいたので、ビックリしました」と驚きを隠せないが「心地いい感じですね。みんなかわいいし。(おニャン子の歌などを歌って)すごく懐かしい気分にはなりますね。みなさん『元アイドル』って書かれるんですが、気持ちは『元』がないので、現役アイドルの気持ちでいます!」とまだアイドルは“引退”していないことを高らかに宣言した。

 音楽関係者は「渡辺は生涯アイドルという気持ちを持ち続けています。それを証明するように、毎年恒例のバースデーライブでは、年々スカートの丈が短くなっており、アラフィフなのにまったく“現役感”を失っていません」。先日、ブログですっぴんを披露すると「キレイ!」というコメントが殺到し、“奇跡の48歳”と呼ばれるようになった。

 また芸能活動と並行して、家具店も経営している。「渡辺はとにかくアクティブでアグレッシブです。それが若さの秘訣でしょう」(前出関係者)とのことだ。