山本舞香 目標とする“先輩”宮沢りえへの憧れを熱弁

2018年03月17日 18時19分

写真集のお気に入りのカットを見せる山本舞香

「三井のリハウス」第14代リハウスガールの女優・山本舞香(20)が17日、都内で初の写真集「サニー/ムーン」の発売記念イベントを開いた。

 昨秋に出身地の鳥取や沖縄で撮影を行い。初水着も披露。出版元のスタッフから自信のある体のパーツを聞かれると「あるわけないじゃないですか」とピシャリ。「お尻が嫌い。大きいから」と笑わせた。

 初代リハウスガールの女優・宮沢りえ(44)が16日、「V6」森田剛(39)と再婚した。“後輩”の山本はかねて宮沢が目標と公言しており「お子さん(8歳の長女)がいるのに、あれだけカッコいい生き方ができて」と憧れを口にし「そういうふうに生きていきたい」。

 キリッとした美貌が目を引くが、山本の魅力をひと言で表すならクールビューティーだろう。

「普通にしゃべると態度が悪いと言われる。気が抜けると(声が)低くなる」そうで、気を使って声色を上げる時もあるという。しかし「猫をかぶろうとは思わない」とこびない。

 タイプの男性は「首や腕の血管が好き」と意外なフェチを明かし、「変態ですか?」と笑った。ブレない個を持つ山本には、大器の片鱗を感じさせるオーラがある。