地上波出演増えてきたベッキー 今秋にも“非G帯タレント”卒業なるか 

2018年03月16日 16時30分

ベッキーのゴールデンタイム復帰はいつ?

 タレントのベッキー(34)が15日、東京・港区のロイヤルガーデンカフェ青山に期間限定でオープンしたカフェ「あいのりCafe」(18日まで)のセレモニーに登場した。
 
 14日のホワイトデーをどう過ごしたか聞かれると「六本木でおいしいゴーヤーチャンプルーを食べた。おいしかった。人のお金だったので」とニヤリ。男の影は感じさせなかった。
 
 2016年の例の騒動後、テレビでは地上波のレギュラー番組は消滅。一時、休業状態となったが“みそぎ”が済んだ後、BS番組だけではなく、地上波番組の出演が増えてきた。

「いまだにレギュラー番組の復帰は決まらないものの、地上波番組にゲスト出演するようになってきた。その放送時間帯には特徴があって、ゴールデンタイム(G帯=午後7~10時)ではなく、日中、または深夜ばかりということ」(テレビ局関係者)

 直近の出演予定を見ると、NHK総合「ひるブラ『生産量・日本一!今が旬!沖縄のモズク~うるま市 勝連地区~』」(19日午後0時20分)、NHK総合「今夜も生でさだまさしスペシャル~さだフェス2018~」(25日午前0時05分)、日本テレビ系「東野・岡村の旅猿13 プライベートでごめんなさい…」(4月5日午前1時29分)にそれぞれゲスト出演。確かに日中もしくは深夜に放送される番組に出続けている。

「ここまでG帯を避けられるのは気の毒で、最近は“非G帯タレント”と呼ばれるようになった」と前出関係者も苦笑いするしかない。

 もちろん日中や深夜にもおもしろい番組は多いが、やはりG帯のレギュラー番組への返り咲きが本望だろう。今春の番組改編ではかなわなかったが、今秋の番組改編では“非G帯タレント”からの“卒業”なるか。