狩野英孝 みそぎのお遍路番組に文句タラタラ「続くかわかんない」

2018年03月15日 15時40分

グチりまくった狩野

 お笑い芸人の小島よしお(37)、狩野英孝(36)が15日、都内で行われたBS12 トゥエルビの新番組「小島よしお&狩野英孝のチャリお遍路」(4月8日スタート、日曜午後7時から)取材会に出席した。

 初回ロケですでに11か所の撮影を終えたが、やらせナシの過酷なガチンコ番組のため、八十八か所続くかは怪しい。初めてロードバイクに乗り、クタクタの狩野は「続くかは正直、わかんないです。企画を聞いた時に『無理です』と言ったので。不可能に近い。こういう旅番組で目標に到達しないものも結構あるでしょ」と投げやりな様子。

 一方、ロードバイク愛好者でアスリートタレントでもある小島は「7年前から2人で合同ライブをやっていて、いつか2人で冠番組を持ちたいと言い合っていた。念願かなってとてもうれしいので、不祥事がない限り続ける」と完走することを宣言した。

 番組は昨年、未成年タレントとの“淫行騒動”で謹慎生活を送った狩野の「みそぎ」を兼ねているとうたっているが、狩野の口からはグチばかりがついて出る。

「次のロケの日が来ないでほしいほど過酷。体力的にも精神的にもつらい。ロードバイクは初めてでお尻も腰も痛いし、操作も難しい。ついていくのに必死で、つらいのは俺ばかり。すごいストレスで、ギブアップしてやろうかと思う。みそぎはこっちでやるから、ほっといてくれと思う。反省は別でしたので」

 そしてこの期に及んでも、旅の最中に宿泊先のホテルを抜け出して女性と触れ合うことを期待していたという。だが、その期待は見事に裏切られる。狩野は「お寺の宿坊に泊まるし、疲れて電気を消したら即寝る生活だった」とうなだれた。

 ところで、番組の主題歌は未定だとか。ミュージシャンの50TAとしても活躍する狩野は「2人で曲を作って歌うのもいいかな。それか、以前、他局のヒッチハイク番組であったように、有名ミュージシャンが曲を作って途中で応援に駆けつけてほしい」と提案した。

 そうなれば、適任者は昨年、狩野と“二股騒動”を起こした川本真琴(44)が有力候補になる。狩野は「川本さん? うれしいですけどね。うれしいけど…」と苦笑した。