菅田将暉に菜々緒の質問NG…晴れの授賞式で“厳戒態勢”

2018年03月13日 16時30分

授賞式に出席した菅田将暉

 優秀なデジタルコンテンツの製作者を表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’17/第23回AMDアワード」授賞式が12日、都内で行われ、映画「あゝ、荒野」で主演を務めた菅田将暉(25)らが出席した。

 この賞は、デジタルメディア業界の発展を目指して創設。「あゝ、荒野」は劇場、配信、DVDで同時公開するという挑戦的な手法が評価され、優秀賞とAMD理事長賞の2冠に輝いた。

 岸善幸監督は「まさか2つも賞を頂くとは思っていませんでした。とてもうれしい」と喜びのコメント。

 菅田も「映画は映画館で見るものと思っていたので、配信、DVDでも同時公開するというシステムはどうなんだろうと(当初は)疑問だった。でも、地方にいる方は近くに劇場がなかったりしますよね。だとしたら、新しいエンターテインメントのあり方なのかな、と。これからも頑張っていきたいと思います」と感謝の言葉を口にした。

 菅田といえば先月、モデルの菜々緒(29)とのお泊まりデートを女性週刊誌に報じられたばかり。売れっ子俳優の熱愛スキャンダルは世間の関心を呼んだ。それだけにこの日、現場はピリピリムード。複数の所属事務所関係者が菅田をガードした。

「何といっても菅田は今、最も勢いのある若手ですからね。一部テレビ局に事務所サイドが『菜々緒について声かけしたりしないでね』と何度もクギを刺したそうです。まあ菅田以外にも著名な会社の関係者も多数来場していたので、声かけするような雰囲気でもなかったんですけど(苦笑)。事務所としては、熱愛を報じ続けられるのを避けたかったのでしょう」(芸能関係者)

 授賞式終了後、菅田が野田聖子総務大臣(57)と談笑する場面もあったが、この場でも数人の事務所関係者がガッチリとガード。マスコミに目を光らせ、最後まで“厳戒態勢”を敷いていた。