石田純一 子づくり打ち止め「いい加減にしろよと言われる」

2018年03月09日 22時16分

イベントでダンボール製のスリッパを履く石田純一(左)と東尾理子

 俳優の石田純一(64)、プロゴルファーの東尾理子(42)夫妻が9日、都内の日本アムウェイで行われた「被災地から学ぶ かぞくの防災」(徳間書店)の出版記念イベントに出席した。

 理子は4月半ばに第3子を出産予定で、2人での仕事はこの日で最後。イベント後に1本仕事をこなしてから、出産に備える。

「性別は女の子でちょっと大きめ。妊娠した時は喜びより驚きのほうが大きかった。喜びに変わるのは生まれてからだと思う。子育ては確かに大変。自分がひとりっ子なので想像がつかない。幼稚園には4人、5人子供がいるご家庭もいらっしゃるので、先輩の話を聞けば何とかなると思う」という。

“ゆうこりん”こと小倉優子(34)ら、芸能界のママ友から情報を得て乗り切る。

 これで子づくりは打ち止め。石田は「いい加減にしろよと言われるので」と苦笑しながらも「2人の子供はめちゃくちゃ元気だし、3人目もかわいい」と、誕生を楽しみにしていた。

 現在、石田が名前を考えて提案しているが「プレゼンがことごとく却下されている」とか。ただ、だんだんと絞られており、出産までには間に合いそうだ。