現代版「夕やけニャンニャン」? 秋元氏がテレ東で「学園モノ」新番組

2018年03月08日 16時30分

秋元康氏

 テレビ東京が作詞家の秋元康氏(59)とのコラボレーションで、4月2日から学園ものバラエティー番組「青春高校3年C組」(月~金曜午後5時30分~)を放送することが6日、明らかになった。25分の生番組で1年間放送される。

 コンセプトは理想のクラス「3年C組を作る」。オーディションで男女を問わず10代の若者を集め、番組が進むにつれて増えていく予定だという。

「秋元氏が手掛ける“平日夕方の生放送帯バラエティー”で思い出すのは『夕やけニャンニャン』(1985~87年・フジテレビ)。『おニャン子クラブ』が一世を風靡しました。普通の女の子たちが人気を獲得していっただけに、当時とは違った形の新たなスターが誕生するかもしれない。どんな番組になるのか注目です」(関係者)

 新番組について、秋元氏は「テレビ東京から『何か一緒にやりませんか?』という話をいただいた時、“テレビ番組として成立しない企画”を作りたいと思いました。『何をやりたいのかわからない、ゴールが見えない番組は作る側にも緊張感があって面白そうじゃないですか?』と。打ち出したのは『架空の高校の3年C組を作ろう』」と説明する。

「理想のクラス」とはいったい何なのか。イケメンや美女ばかりではないいろんなキャラが揃った「3年C組」か――。番組ホームページから興味ある若者(16~20歳)は入学願書(※応募フォーム)から必要事項を記入して申し込めば受験完了となる。

 講師によって授業も異なるというが、AKB48グループや坂道グループなどでヒットを飛ばしてきた秋元氏だけに、CDデビューをはじめ様々な展開もありそうだ。