• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > R―1制した濱田祐太郎 ゆりやんは別格「同じ舞台に立ったのが不思議」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

R―1制した濱田祐太郎 ゆりやんは別格「同じ舞台に立ったのが不思議」


濱田祐太郎

 16回目を迎えた「ひとり芸日本一」を決める「R―1ぐらんぷり2018」は6日、都内で行われ、盲目の漫談家・濱田祐太郎(28)が優勝。過去最多となるエントリー3795人の頂点に立ち、賞金500万円とイベントを生中継したフジテレビ系で全国放送される冠特番をゲットした。

 濱田生まれつき全盲に近い弱視という視覚障害者。視覚障害者のあるあるネタを並べた漫談で、見事な優勝を飾った。終了後に会見で「(ファイナルステージの)前の2人ともめちゃくちゃウケてた。僕はネタの途中でめちゃくちゃ、かんでたんで『僕だけはない』と思ってた。信じられないなって気持ちしかない」と喜びをかみ締めた。

 視覚障害のネタは「お笑いの活動を始めてから今まで、ずっとこういう形でやってきました。舞台に立ってしゃべってる時に、お客さんが笑ってくれるのが一番うれしい」と言う。

 ファイナルステージで優勝を争ったゆりやんレトリィバァはNSC大阪校35期の同期。「NSCは優秀なヤツとそうじゃないヤツでクラス分けされる。ゆりやんはずっと優秀なクラスで、僕は1年間、優秀じゃない方のクラス。ほとんど関わりがなかった。勝つ負けるじゃなく、ゆりやんは別格で全然上の存在。売れっ子のタレントさんという感じ。同じ舞台に立ったのが不思議な感じ」と明かした。

 優勝賞金500万円の使い道について、ネタでは「ムダなことに使いたい。車を買うとか」などと言っていたが、会見では一転して「貯金します!」と撤回。「車は買わないです。3Dのテレビはちょっと考えますけど」と笑わせた。

 また今後出てみたい番組について聞かれると「今からボケますよ。『24時間テレビ』のチャリティーマラソンです。道が見えないから、武道館と全然違う方向に行くかも。でも僕が募金箱持って走ってたら、結構おカネが集まると思う」と自虐ネタで笑わせた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!