ダイアモンド☆ユカイ 元気すぎる68歳・松崎しげるに刺激「年を取ってる場合じゃない」

2018年03月06日 16時19分

左から松崎しげる、大野雄二氏、スケキヨ像、ダイアモンド☆ユカイ

 歌手の松崎しげる(68)、ダイアモンド☆ユカイ(55)、作曲家の大野雄二氏(76)が6日、都内で行われた「角川映画シネマ・コンサート」制作発表会見に出席した。

 4月13~14日に東京国際フォーラムホールAで開催される同コンサートは「犬神家の一族」(1976年)、「人間の証明」(77年)、「野生の証明」(78年)という角川映画初期の3作品で使われた曲をオーケストラによる生演奏し、スクリーンで特別編集された3作品が上映されるというもの。いずれも作曲は大野氏で、松崎は「野生の証明」の主題歌「戦士の休息」を、ユカイは「人間の証明のテーマ」を歌う。

 会見で大先輩に囲まれたユカイは「大野さんも松崎さんも憧れの大先輩。先輩たちみたいに自分も70歳の時に現役でいられるのかなと思う。55歳だけどペーペーです」と恐縮しきり。続けて「松崎さんは最近、さらに声の音域が広がった」と証言した。

 68歳としては驚くべき話だが、松崎は「そうなんですよ。おかしいよね。暴飲暴食で健康的なこと、何もしてないんですが。声だけはいつも大丈夫。体はガタガタですどね」と余裕の笑みを見せた。さらに「俺は子供1人目50歳、2人目52歳、3人目は58歳だよ。まー下半身強いわ」と強いのはノドだけじゃないとアピール。若さの秘訣は「子供が小さいのはあるかも。あと音楽。音楽が体を動かしてくれるのは、俺もユカイちゃんも一緒だと思う」と話した。

 ユカイも47歳で第1子、49歳で双子を授かった。若さの秘訣は、小さな子供と音楽に、大野氏や松崎のような現役の先輩から受ける刺激も加わるとか。「ミック・ジャガーは73歳で20代の女性と子供をつくってるし、松崎さんの年を聞いてびっくりしちゃった。これは年を取ってる場合じゃない」

 さらに大野氏と松崎が音楽の第一線で活躍し続ける姿に「俺はしばらくちゃんと音楽と向き合うことをせずにここまできた。これを機に音楽と向き合って(ボーカルを務めるバンド)レッド・ウオリアーズとしても、70歳までに全国ツアーをやりたい!」と決意を新たにした。