新婚・菊地亜美がおめでた説を否定 子作りは「挙式してから」

2018年03月06日 14時43分

妊娠は否定した菊地

 2月1日に5歳上の会社役員と結婚したタレントの菊地亜美(27)が6日、「genie Flower Beauty Salon」オープニングセレモニーに出席した。

 菊地はホワイトデーを前に「夫からは『何もいらないからね』と言われている。どうしようかな」と漏らす。実はバレンタインデー前に夫がインフルエンザにかかったのだという。夫婦はそれぞれ東京・大阪に拠点を持つ“二重生活”を送っており、しばらく会えない時期が続いた。

「バレンタインデーを過ぎて大阪の自宅に戻ったら『いつもありがとう』と花束が置いてあった。里田まいさん(33)が、田中マー君(29)から花束をもらったというニュースを見てマネをしたらしい。私もチョコを作って渡したが、それを超えてきた」。菊地はそうのろけた。

 さすが新婚だけにラブラブで、菊地は「夫婦とも仕事柄外食が多いので、家にいる時は健康を気遣った、やさしい料理を食べさせてあげたい」と夫を思いやり「言いたいことを言ってめっちゃケンカするけど、お互い本当に大好き。夫もおしゃべりなので、2人でいる時はずっとしゃべっている」と語った。

 ところで、菊地はこのところ“幸せ太り”なのか増量が目立ち、おめでたではないかと噂されている。リポーターに突っ込まれると「妊娠はしていない。実はイベント中におなかが痛くなったが、トイレに行ったら、それこそ妊娠と書かれるので我慢した。全部丸で描ける顔で、これ以上太ったら画面に映せなくなるので、今は妊娠できない。挙式してからと考えている」と否定した。

 挙式は未定だが、国内にするつもりだ。「まだ何も決まっていないが、新婚旅行は海外に、挙式は国内にしたい。ドレスなどは2人で見に行っている」という。

 東京・大阪の二重生活については「頻繁に行き来しているので、慣れれば問題ない。平愛梨さん(33=長友佑都の妻)のことを考えると、東京・大阪なんてかわいいもの。でも、リニアモーターカーが早くできたらいいな」とコメントした。