キョンキョン不倫余波?一大勢力「小泉会」解散危機

2018年03月07日 11時00分

小泉今日子(右)からトップの立場を引き継ぐ?米倉涼子

 人気女優・小泉今日子(52)が率いる芸能界の一大勢力“小泉会”が解散の危機!? 小泉が所属事務所からの独立と、俳優・豊原功補(52)との不倫関係を先月1日に公表してから1か月が過ぎた。衝撃の不倫公表により、東京・六本木や西麻布などで女優やタレント仲間と酒を酌み交わしてきた小泉が、このグループから「身を引くのでは?」とも言われている。果たしてどうなるのか――。

 36年間所属した事務所からの小泉の独立劇は世間に衝撃を与えたが、さらに豊原との不倫関係まで公表したことで大騒ぎになった。

「『キョンキョンらしい』と評価が上がる一方で、『やはり不倫はよろしくない』と眉をひそめる向きも少なくありませんでした。小泉自身『人間としてのけじめとして報告した』と語ったように、相応のバッシングは覚悟の上だったのでしょう」とは芸能関係者。

 けじめは今回の発表にとどまらない。それは夜の繁華街で酒を酌み交わす小泉会にも影響しているという。

「不倫を貫くことで世間から叩かれるだけではなく、仕事も激減するとみられています。これまでのように守ってくれる事務所もありません。そんな時に飲み歩いているところを写真誌や週刊誌などに撮られたら、やはりイメージは良くない。一緒に飲んでいる他のメンバーも不倫を容認しているように見られかねませんからね。仲間に迷惑はかけられない小泉は、飲み会に参加しなくなると予想されています」(テレビ関係者)

 小泉会といえば、小泉を中心に女優の米倉涼子(42)ら有名芸能人が集う芸能界の一大勢力だ。時折、週刊誌に撮影されるが、メンバーの豪華すぎる顔ぶれに驚かされることも少なくない。

「小泉を筆頭に米倉、飯島直子、天海祐希、内田有紀、香里奈、石原さとみ、綾瀬はるか、水川あさみ、吉高由里子、北川景子といったドラマや映画では欠かせない主演クラスが顔を揃えているんです。もちろん、俳優やタレント、スポーツ選手もメンバーにいると言われているんですよ。もっとも一大勢力といっても、政治的な動きをするのではなく、ただ姉御肌の小泉とおいしいお酒を飲んでワイワイ親睦を深めているだけなんですけどね」と芸能プロ関係者は笑う。

 とはいえ、某有名女優が“入会申請”をしたものの、演技力やカリスマ性を理由に却下されたという話もある。真偽のほどは定かではないが、そんなエピソードも出てくるほど華やかな集まりということだろう。それだけに、小泉会が解散となれば寂しい限りだが…。

「たとえ小泉が参加しなくなったとしても、飲み会自体は存続するでしょう。これまでは小泉がトップの立場だったが、それを引き継ぐのは米倉だとみられる。女優としての実績も申し分ないし、何よりも小泉に勝るとも劣らないほど、後輩の面倒見がいい。“姉御肌”だから、他のメンバーも慕ってますからね」(同関係者)

 確かに今の米倉は、女優として乗りに乗っている。高視聴率を連発し続けるテレビドラマ「ドクターX」シリーズ(テレビ朝日系)に加え、米ブロードウェーミュージカル「シカゴ」の現地公演でも主役を務めるなど、トップ女優としての実績は非の打ちどころがない。姉御肌のうえ大のお酒好きとしても知られ、“ポスト小泉”に最もふさわしいと言える。

「そうなれば“小泉会”から“米倉会”に名称変更でしょう(笑い)」(同)

 小泉不倫余波は、思わぬ形で広がっているようだ。