美川憲一 左足骨折し車いすで新曲アピール「笑っていいのよ」

2018年03月05日 18時00分

車椅子で登場した美川憲一

芸能界のご意見番”で歌手の美川憲一(71)が5日、都内で新曲「春待ち坂」の発表記者会見を開いた。

 美川は先月4日に階段を踏み外して転倒。当初は捻挫だと思っていたが、腫れが引かず、病院で「左足関節外果骨折」で全治2か月と診断された。3時間の手術を受けて患部をボルトでつなぎ、3日間の入院生活を送った。

 新曲は、人生つまずいても、夢を信じて笑って耐え抜けば幸せが訪れるという内容。車いすに乗って現われた美川は、大雨の中わざわざ訪れた報道陣を見ると、痛みがあるにもかかわらず笑いが止まらない様子だ。

 立って会見を行うと「(歌詞に合わせて)仕掛けで骨折したわけではないわ。でも、いい宣伝になった。売れなかったら骨折り損だから、しぶとく売るわよ。皆さん、笑っていいのよ」と困惑する報道陣を前に、してやったりの表情を浮かべた。来年、プレートを外す手術を受けるという。