“AKB伝説の美少女”奥真奈美が7年ぶり芸能界復帰

2018年03月05日 15時14分

7年ぶりに芸能界へ復帰する奥真奈美

“伝説の美少女メンバー”と呼ばれ、2011年にAKB48を卒業と同時に芸能界からも引退した、奥真奈美(22)が7年ぶりに芸能界に復帰することが5日、分かった。

 女優の秋元才加(29)、梅田彩佳(29)、宮澤佐江(27)ら元AKBメンバーが在籍する「FLAVE ENTERTAINMENT(フレイヴ エンターテインメント)」に奥が所属することをこの日、同事務所公式サイトで発表した。

 奥は2006年4月にAKB2期生(チームK)としてデビュー。翌07年に、当時の最年少記録(11歳237日)で選抜入りを果たした。

 10年には「おぐまなみ」名義でアニメ「おじゃる丸」(NHK教育)のエンディングテーマ「かたつむり」でソロCDデビュー。当時から美少女メンバーとして話題を集めたが、11年、進学と学業への専念のため、惜しまれながらもグループを卒業し、芸能界からも引退した。

 奥は大学4年生を迎えるにあたり、満を持しての芸能活動復帰。今月21日に開催する「KANSAI COLLECTION 2018S/S」の出演を皮切りにモデル・タレントとして本格的に活動を再開させる。

 同事務所は「キュートな顔立ちの中にもクールさが見え隠れする美女ハーフ(イタリアと日本のハーフ)で、デビュー当時から飛びぬけた美少女として話題であった奥が、いよいよ本格的に芸能活動を再スタートします」と報告。「グループ活動時に培ったエンターテイナーとしての経験を活かしながら大人の女性へと変貌し、魅力が増した“奥真奈美”が新たなステージへ挑戦します」とコメントしている。