月亭八光 桂文枝会長の続投を支持「そこらへんのイベントより面白いですよ」

2018年03月05日 15時08分

会見に登場した八光

 落語家・月亭八光(はちみつ=40)が5日、大阪市の吉本興業で「月亭八光 約20周年記念祭り」(23日、なんばグランド花月)開催会見に登場した。

 1996年に父の月亭八方(70)に弟子入りした八光は「数えてみたら22年目でした。過ぎてることに気付きましたので、約20周年にしました」と説明した。

 関西のテレビ番組に多数出演する八光は、落語家なのかタレントなのかよく分からないという声もある。これについて「僕は落語家としてこの世界に入ってきましたけど、薄くなってた時期はありました。でも、7~8年前から落語に対する思いは強くなってます。生涯、落語家という意識は今、強くあります」と語ったが、イベントで披露する落語は「渾身の一席です」。

 すかさず、持ちネタの数について聞かれると「今すぐやれと言われたら3つ4つですけど、20くらいはありますよ」と力説した。

 20年の芸能生活には「奇跡的な運と育ちの良さやと思います」と振り返った。

「親父の人間力がすごい。みんなに好かれてもないけど、嫌われてもないという親父の空気感。親父がもっと丁寧に生きてたら、みんながもっと僕に気を使ったと思うし、そうなると今の僕はない。そういう親父の生き方が、僕に返ってきてくれてると思います」と分析。また、お笑いコンビ「メッセンジャー」との出会いも転機となったという。

「それまで目の前でボロクソに言う人が周りにいなかった。それがいつの間にか、他の同世代にも言われるようになって、距離感が縮まった」と、八方の息子として腫れ物を扱うような接し方をしなかった「メッセンジャー」に感謝した。

 そんな八光が所属する上方落語協会では、近く会長選挙が行われる。

 不倫騒動で世間をにぎわせた桂文枝会長(74)の動向が注目されるが、八光は「若手でも話題にはなってますけど、噂う程度しかない。文枝会長が続行していただけるなら、我々、下々の者もうれしいですね」と話したが、八方の出馬については「ちょっと思ったことはありますけど、本人が絶対やらないですね」と否定的だった。

 一方で、選挙自体については「落語の総会とかって、ケンカばっかりしてて、そこらへんのイベントより面白いですよ。だから、会長選挙も面白くなると思いますね」と笑った。