稲垣&草なぎ&香取「パラ駅伝」イベント登場 よしもと芸人とコラボも

2018年03月04日 14時40分

左から稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾

 元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)が4日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園で行われたパラスポーツイベント「パラ駅伝 in TOKYO 2018」の開会式に出席した。

 パラ駅伝は、様々な障害のあるランナーや健常者のランナー9人(伴走ランナー1人含む)がチームとなり、たすきをつないでゴールを目指す。開会式には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長や小池百合子東京都知事らも出席。また、よしもと芸人たちも駅伝に参加した。

 稲垣ら3人は「日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーター」を務める。オープニングアクトでは「i enjoy!」をテーマに香取が描いた記念壁画を、プロレゴビルダーの三井淳平氏が制作したレゴブロックを約15万個使用した「レゴ壁画」のお披露目も行われた。

 香取が「僕も少しだけお手伝いしたんです。太陽の部分をレゴで作ったんですが、ほんの少しでも3時間ぐらいかかりました」と話すと、草なぎは「温かみを感じるよー」と笑顔で絶賛した。

 開会式では、「お前に食わせるタンメンはねえ!」のギャグでおなじみのお笑いコンビ「次長課長」河本準一や、「欧米か!」で人気の「タカアンドトシ」ともトーク。草なぎが「お前に食わせるタンメンはねえ!」とギャグをパクれば、稲垣も「欧米か!」とかぶせ、会場を沸かせた。