ロンブー淳 青学大受験失敗も「法律を学びたい気持ちは変わらない」

2018年03月04日 11時53分

田村淳

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(44)が3日、AbemaTV「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~」に出演し、青山学院大学の受験に失敗したことを報告した。

 淳は昨年9月に青学大受験を発表。仕事と両立しながら受験勉強に励み「全学部日程」と「個別学部別」の社会情報学部、経営学部、経済学部、法学部を受験。このうち、最後の法学部が大本命で、試験後には「手応えあり」と自信を見せていた。しかし、番組内でネットによる合否発表を確認し「不合格です」と無念の表情で発表した。

 芸能活動で“ルール”によって制約が多くなったことから「法律を学びたい」と考えたという。青学大法学部を目指したのは「バイトしていた時に近くにいた青学生がキラキラしていたこともあるけど、(同大学の)住吉教授に学びたい」と説明した。

「受験をなめていないし、仕事をして入る中で、可能な限り机に向かってきた」「自分の仕事、打ち込んできたことの中で一番つらかった」と振り返ると、賛否の声が上がったことには「周りの人が何を言おうと気にならなかった。ただ、受験生がいらだっていることが申し訳なかった」と話した。

 番組終了後にはツイッターを更新し「不合格でしたが…法律を学びたい気持ちは変わらないので、浪人にして再チャレンジするか、大学ではない場所で学ぶか、よく考えてから行動に移したいと思います。沢山の応援コメント励みになりました!ありがとう」とつぶやいた。