ひふみん 藤井六段絶賛も“元祖天才少年”のプライドをチラリ

2018年03月02日 13時32分

藤井六段にエールを送った加藤氏

 ひふみんの愛称で親しまれる“将棋界のレジェンド”加藤一二三九段(78)が2日、都内で開催中の「朝日新聞ReライフFESTIVAL」でトークショーを行った。

 現在13連勝中で、竜王戦をあと2連勝すれば七段に昇段する藤井聡太六段(15)について「対戦相手からすると、藤井さんが勝ちそうに思えますね。あと1勝となった時、また報道がすごくなるでしょう」と連勝を予想した。

 そして「藤井さんは天才です。彼はプレッシャーがない。僕も戦う前日に負ける気がしなかったですが、藤井さんも全く同じですよ。羽生(善治竜王=47)と戦っても必ず勝てると思っているのがよろしい。私も長年そうでした」と絶賛した。

 その一方で「強気で人柄が魅力的。好感度の高い少年でとてもいい。ただ、私は18歳で八段になりましたが、制度の関係で抜けないということが決まっていますね。私は20歳で名人戦を戦いましたけどね、藤井さんが20歳の時にタイトル戦に出る存在になっていれば、明らかに天才と言えますね」と“元祖天才少年”としてのプライドをチラリとのぞかせた。

 将棋界に革命を起こした藤井六段には大きな期待をかけている。ひふみんは「高校に進学すると聞いていますが、学業との両立は大変だと思います。ただ、私の経験からしまして、短期的に見ればほぼ変わらないでしょうが、学ぶことは将来きっと役立ちます。高校に行って視野を広げるのがいいと思います。頑張ってください」とエールを送った。