桜田淳子“芸能界復帰宣言”に放送作家「ひな壇に座ることはない」 

2018年02月28日 14時29分

歌手の桜田淳子

 28日に放送されたフジテレビ系「バイキング」は、歌手・桜田淳子(59)の“芸能界復帰”騒動を特集。ゲストたちがそれぞれの持論を語った。

 番組では、70年代のトップアイドルだった桜田の歌手として、女優としての活躍や統一教会(現・世界平和統一家庭連合)との関係性などが紹介され、今後の復帰への展望などを予測した。

 その中で、27日発売の「婦人公論」(中央公論新社)の対談で、桜田が「還暦を機に、この先10年間で今までの芸能活動を総括しよう」と復帰宣言ともとれる発言をしたことが紹介された。これにMCの坂上忍(50)は「これはどう考えても復帰宣言だよね」とコメントし、コラムニストで放送作家も務める山田美保子氏に「キャスティングにも携わられていると思いますが、この状況の桜田さんに、テレビ局がオファーかけることは可能なの?」と質問をぶつけた。

 この“難しい”質問に山田氏は苦笑いを浮かべながらも「ないと思います。彼女一人に焦点を当てたインタビュー番組ならまだしも、こういった番組(バイキング)のひな壇に桜田さんが座ることはないと思います」と言い切った。

 歌手の美川憲一(71)も「コンサートはやってもいいと思う。こういうところにゲストとして迎えられることはないに近いわね」と同意した。