村上佳菜子 後輩・宇野昌磨の銀メダルに涙「お祝いは焼き肉パーティー」

2018年02月28日 13時02分

イベントに登場した村上佳菜子

 プロフィギュアスケーターの村上佳菜子(23)、お笑いコンビ「和牛」(水田信二=37、川西賢志郎=34)が28日、都内で行われた映画「ダウンサイズ」(2日公開)のPRイベントに出席した。

 先ごろ閉会した平昌五輪では、後輩の宇野昌磨(20)が男子フィギュアで銀メダルに輝いた。村上は「小さいころから練習場所もコーチもずっと一緒だったから、あの舞台で滑る姿を見るだけで涙が出た。終わった後には『お疲れ様』と声をかけた」と話す。

「彼は野菜をあまり食べず、お肉が大好き。今度、打ち上げでお肉を食べに行こうと思う。彼がダウンサイズしたら? 思う存分、お肉を食べることができるはず。これからの成長が楽しみ」と、お祝いの焼き肉パーティーを開く予定だという。

 一方、水田は2大会連続銀メダルの平野歩夢(19=スノーボードハーフパイプ)、渡部暁斗(29=ノルディック複合)に、M―1グランプリ2年連続準優勝の自身を重ね合わせ「気持ちが通じ合った。分かるでー」と語った。

 その水田は「もし自分がダウンサイズできたら、好きな女の子の胸の谷間に入ったり、女湯で泳ぎたい」と笑わせ、川西に「発想がバカ殿や」とたしなめられた。