藤田紀子 富岡八幡宮で“若貴ツーショット”パチリ

2018年02月28日 12時00分

藤田紀子

 タレントの藤田紀子(70)が28日放送のTBS系「ビビット」で、こじれた家族関係を嘆いた。

 藤田が波瀾万丈な人生を送ってきた芸能人を直撃する企画に、女優の仁支川峰子(59)が登場。2人の待ち合わせ場所は、昨年12月に宮司の富岡長子さん(享年58)が元宮司の弟に殺害された事件があった富岡八幡宮(東京都江東区)だった。

 藤田の「ここは昨年…」と事件に触れたことから、2人は“こじれた家族関係”で話が盛り上がった。藤田が息子でタレントの花田虎上(47)と貴乃花親方(45)の絶縁について嘆くと、仁支川も「許せなくなる事情があって、兄弟と疎遠になった」と話した。

 その後、藤田は富岡八幡宮に立つ横綱力士碑を見に行こうと提案。初めて同地を訪れた藤田は、石碑に刻まれた「貴乃花光司」「若乃花勝」のしこ名を確認すると「これが見たかった」と、いとおしそうに手を触れ、ケータイのカメラに収めた。

 一方、仁支川は過去にワイドショーを騒がせた人気俳優との不倫関係について、ドラマの打ち上げで朝まで飲み「目覚めたら横で寝ていた」と驚きの出会いを打ち明けた。半年で別れた理由は「7番目の愛人だったけど、8人目の愛人ができたから」とも明かし「約1億円貢いだ」と笑いながら話した。