【映画大賞】たけしが語る“うまい役者”とは

2018年02月26日 16時20分

東京スポーツ新聞社の太刀川恒夫代表取締役会長(右)から監督賞で表彰されたたけし

【第27回東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)授賞式=25日】監督賞は当然、「アウトレイジ 最終章」の北野武監督だ。

 たけしに賞状を渡した東京スポーツ新聞社の太刀川恒夫代表取締役会長が「私もこの映画ほどじゃないですが、限りなく危ない世界に関わっておりまして…」とジョークを飛ばしながらあいさつを始めると、司会のガダルカナル・タカが「会長、カミングアウトはいいですから」と止めに入る一幕も。

 たけしは「出てくれた役者さんたちはみんなすごいよ。だから、監督の仕事というのは、役者に自由にやらしてるようで、緊張感を持たせるためにプレッシャーをかけるってことが一番いいかな。うまきゃうまいほど、監督からのプレッシャーを感じて、プレッシャーを脱皮するような演技をしてくるんだ。ヘタな役者にはそのプレッシャーが感じ取れないんだよ。だから、オレの映画に出た人は『怖いわけじゃないけど、ピリッとした緊張感があった』って言うよね」と語った。