【映画大賞】たけし「アウトレイジ」作品賞選出に「結構、集客よかっただろ」

2018年02月26日 16時20分

作品賞受賞の「アウトレイジ 最終章」俳優陣(左から大森、ピエール瀧、たけし、松重、金田)

【第27回東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)授賞式=25日】作品賞に輝いたのは「アウトレイジ 最終章」。審査委員長自らの映画を選んだわけで、たけしは「だって、興行収入的には日本の映画の中でかなりいいんじゃないの? 結構、集客よかっただろ。そんなわけで、自分で審査委員長をやって自分で表彰するのは実につらいけど、しょうがない」と照れ笑いした。

 そして、大杉さんを思い浮かべているのだろう。「映画って半分以上、役者さんなんですよ。最終章では、こっち(監督)に演出させてくれないぐらいの迫力があって、『どうぞ』って任せちゃえば期待以上の演技をやってくれてこそ、いい映画が作れるんだなと。それがこの映画」とまじめに話した。

 また、今回で「最終章」としたことについて、「一回区切りをつけないとダメだと思って。そうじゃないと違う映画が撮れないからさ」と説明した。

 配給したワーナー・ブラザース映画ローカルプロダクション、映画調整部の下枝奨部長が賞状を受け取り、「アウトレイジ3部作の中でも一番数字(興行収入)が良かったです。そして、最後に大杉漣さんがご逝去されまして、ご冥福をお祈り申し上げます」と語った。