【映画大賞】助演男優賞・ピエール瀧「たけしさんと一緒で至福の時でした」

2018年02月26日 16時20分

笑顔のピエール瀧。左は大森、右はたけし

【第27回東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)授賞式=25日】助演男優賞を受賞したピエール瀧(50)は、抗争の火種となる花菱会の直参幹部・花田をすごみたっぷりに演じ切った。

 テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバーでありながら、俳優として多数の作品に出演しているピエール。数々の映画賞を受賞しているが、北野組への参加は初めてだった。

 壇上では「北野組の映画に呼んでいただき、そして賞まで頂いて、たけしさんにこうして褒めていただくのがこんなにうれしいものか…」と謙虚なコメントだったが、最後は「組長、頂きました」とトロフィーを掲げ、ヤクザ流にあいさつを締めくくった。

 式後は「たけしさんと一緒で至福の時でした」と喜びを語り、「北野組は初めてでどういうふうなのか全くわからなかったが、変に構えずに思い切りやらせてもらった。たけしさんにはそれを許してくれる度量があった。ワンテークしかやらせてもらえないので、ピリッとした緊張感はあったが…」と振り返った。