【映画大賞】たけし 斉藤由貴の代役是枝監督にスリッパの洗礼

2018年02月26日 16時20分

斉藤の代理・是枝監督が巻き込まれ、タカにスリッパで叩かれ、広瀬すず(左から2人目)もビックリ

【第27回東京スポーツ映画大賞(ビートたけし審査委員長)授賞式=25日】広瀬すずとともに助演女優賞を受賞した斉藤由貴(51)は、直前まで出席する意向を示していたが、地方での映画の撮影で都合がつかず、残念ながら欠席となった。代わりに「三度目の殺人」のメガホンを取った是枝監督が代理で受賞した。

 賞状を読む際、たけしは「あなたは不倫の揚げ句、パンツを頭にかぶり」と、昨年斉藤が世間を騒がせた不倫騒動をイジる場面も。司会のガダルカナル・タカが「絶対そんなこと賞状には書いてませんよね?」とツッコミ。さらに「パンツをかぶったのは相手の方で、斉藤さんはかぶってませんから」と訂正した。

 しかし、たけしが構わず「パンツをかぶって」と続けると、何を思ったか、タカはスリッパで是枝監督の頭をひっぱたく“暴挙”に出た。これを見てたけしがようやく我に返り「世界的な映画監督になんてことをするんだ!」と逆にツッコんで大爆笑を誘った。

 斉藤の受賞に関して是枝監督は「受賞が決まった時、すぐにLINEをして『この映画祭でたけしさんには多分、いろいろと絡まれるかもしれないけど、最終的には映画愛を感じる映画祭なので、ぜひ出席した方がいい』と連絡した」という。だが残念ながら、どうしてもスケジュールの調整がつかなかった。

 是枝監督は東スポ映画大賞を過去に何度も受賞し、毎年のように出席している。「今回のように代役でも何でも構わないので、毎回呼んでいただきたい」と話していた。