【映画大賞】松重豊 大杉漣さん悼む「つい4日ほど前に千葉の海で…」

2018年02月26日 05時06分

大杉連さんへの思いを語った松重豊

「第27回東京スポーツ映画大賞」表彰式(25日、都内)で、「アウトレイジ 最終章」で前作に続いて刑事役を演じ、助演男優賞に選ばれた松重豊(55)が、同じく助演男優賞に選ばれ、21日急死した大杉漣さん(享年66)への思いを語った。

「アウトレイジ 最終章」に出演し助演男優賞に選ばれたのは松重、大杉さん、大森南朋(46)、ピエール瀧(50)、金田時男(80)の5人。中でも松重はテレビ東京系ドラマ「バイプレイヤーズ」で大杉さんと共演しており、最後まで一緒に仕事をした。

「僕が映画デビューしたときに、大杉漣さんに映画の楽しさを教えていただいた。その後『世間的にも評価を受ける北野映画に僕も出演することができて、こんな華やかな場所に一緒に立てるんですね』という喜びを、つい4日ほど前に(バイプレーヤーズのロケ地の)千葉の海で話していたところ」

 続けて「本当に残念ですけど、しめっぽいことが嫌いな漣さんなのでね。晴れやかにいきたいと思います。こんな機会を与えてくれてありがとうございます。漣さん、これからも日本の映画を、僕たちを見守ってください。ありがとうございました」とあいさつ。天国の大杉さんへ語りかけるように顔と目線を上げた。