峯岸“オトコ”白濱亜嵐を直撃「坊主にしないんですか?」

2013年02月02日 11時00分

 恋愛禁止の峯岸を自宅に泊めた張本人、EXILEの弟分「GENERATIONS」のダンサー・白濱亜嵐(あらん=19)に1日、男として自らは坊主にならないのか?と本紙は直撃を試みた。


 白濱はこの日、大阪でシングル第2弾「ANIMAL」の発売記念握手会に参加。冒頭のトークタイムでは、8日の発売記念ライブを「(ライブは)痩せるよね。ダイエットしたい方はぜひ。メチャクチャ楽しめるライブになっています」とPRしたが、くしくも峯岸は今年の目標に「ダイエット」を掲げている。


 また新曲発売週とあって、あるメンバーは「メディアや雑誌にも結構(自分たちが)出るのでチェックして」と意味深(!?)コメント。渦中の白濱は横並びにいたが、一切リアクションしなかった。握手会中に本人が「みねぎし~」と声を掛けられたり、“峯岸似キャラ”で知られるガチャピンの着ぐるみ姿のファンに会場から笑いが起こったりもしたが、大きな混乱はなかった。


 白濱が休憩時の移動中、報道陣からは「峯岸の坊主の映像は見たか」などの声が飛んだが、本人は完全無視で一べつもくれなかった。そこで本紙は握手会に参加、白濱に直接聞いた。


 ファン約4000人の行列最後尾に並び、待つこと約1時間。やっと握手する時が訪れた。
 社名を名乗り「峯岸さんに何か言いたいことは?」とぶつけると、それまでの笑顔は一変した。みるみるうちに顔が引きつっていき「いや…」と一言。その後「ちょっと待ってください…」とだけ話した。


 駄目押しで「峯岸さんは坊主にしたが、白濱さんが坊主になる可能性は」と直撃しても、無言でうつむいたままだった。


 記者のすぐ後ろに並んだファンとは、何事もなかったかのように笑顔で握手しプロ根性を見せつけた白濱。「アラン~!」とファンの声援を一番受けていただけに、今後さらに名を上げそうだ。