芸能プロ各社が西川先生を「ブラックリスト」に

2013年02月04日 16時00分

 番組出演中に突然、夫との危機を告白し泣きだすなど、女医タレントなのに情緒不安定な言動で最近お騒がせの西川史子(41)。その裏で芸能界からは「言動が鼻につく」「何様のつもりだ」といった声が出始め、共演のひな壇タレントらが在籍する芸能プロ各社が、なんと西川を「要注意人物」としてブラックリスト入りさせているという。一体どうしてこんな事態になってしまったのか――。

 


 事情をよく知るテレビ局スタッフによると、多くの人気タレントが加担し昨年末騒がれたあの事件がきっかけのようだ。「ぺニーオークション詐欺で広告塔になったほしのあき、小森純、熊田曜子らを、西川が『やってることに品がありませんよね。顔も見たくないくらい嫌ですッ!』とテレビで強烈に批判したでしょ。あの発言がマズかった…」


 聞けば、これにより西川は「最近、言動が鼻につく」「何様のつもりだ!」「芸能人の悪口をすぐに言い、勘違いしてる」などと、芸能プロ各社から怒りを買ってしまったという。


「他にも『女医という立場をうまく利用して、全く芸もないのに調子に乗るな』などと、西川の発言を伝え聞いた芸能プロの幹部たちは激怒して吐き捨てたという話ですよ」(同)


 この猛バッシングには、西川のタレント生命に関わりかねない展開も噂されている。事情通が明かすところによると…。「実はね、西川のことが大嫌いな各芸能プロの面々たちが、『西川と同じ番組にウチらのタレントを出演させるのをやめよう』と言って共闘し、西川を業界から排除する動きを見せているというんですよ」


 情緒不安定が顕著になったのは昨年末ごろからで、背景には本人も告白しているように会社役員の夫との不和がある。「強気キャラに見えるが、内面はすごく繊細で優しい性格。おまけに真面目なものだから、何事も深く考え込んでしまう。本当に夫を頼りにしているからこそ、うまくいってない現状がつらいのでは」とは、西川を嫌っていない芸能プロ関係者だ。


 では、夫婦仲が悪くなる原因は誰がつくったかというと、これがどうやら西川のようなのだ。


 先日、テレビ生番組で夫の家出を告白するも、理由は「墓場まで持っていく」と言葉を濁し、かと思うと後日別のテレビ出演で夫の帰宅を報告、家出の理由を「ゴミの分別の仕方で言い争った」と言いだした西川だが…。「ゴミの分別だけで家出しますか? 東スポがスクープした、去年の銀座クラブでの泥酔暴言事件が尾を引いてるんですよ」と知人のテレビ関係者は言う。


 昨年9月中旬、東京・銀座8丁目の高級クラブ「J」でのこと。新横綱になったばかりの日馬富士、タニマチの不動産会社経営X氏らと来店した西川は、泥酔し、横綱の前で暴言を吐いた。「西川はクラブに行ったことは認めましたが、泥酔して暴言を吐いたり、泣きわめいたことは否定。目撃者は何人もいたんですけどね」とはクラブ関係者。


 自身の酒癖の悪さから招いた夫婦ゲンカで精神バランスを崩し、それが西川バッシングにつながったとしたら、“夜遊び”の代償は大きかったと言わざるを得ない。