元KAT‐TUN田口淳之介はゲーマーだった「名前を出してプレーしようかな」

2018年02月22日 18時55分

プレス発表会に出席した田口

 ジャニーズの人気グループ「KAT‐TUN」の元メンバーで歌手の田口淳之介(32)が22日、都内でオンラインゲーム「ガンダムヒーローズ」(バンダイナムコオンライン、今春正式サービス開始)のプレス発表会に出席した。

 田口は「子供の時から機動武闘伝Gガンダムを見ていた。男の子の憧れ。ガンダムは親の時代から続く奥深い作品だと思う。今日は地球連邦軍カラーの衣装で来た」と上機嫌で語り、元Dream5のグラドル・大原優乃(18)と対戦。おとなげなく大原を叩きのめした。

 続けて「これまでは正体を隠してオンラインゲームをやってきたが、これからは名前を出してプレーしようかな。大原さんもどうですか」と、ともに本名での参戦をほのめかした。

 ところでガンダムといえば、先日行われた平昌五輪「ノルディック複合個人ラージヒル」で日本のエース・渡部暁斗(29)を下し、表彰台を独占した黒いウエアのドイツ選手3人が「黒い三連星」と呼ばれて話題になっている。

 チームで助け合い、最後の最後で先行する渡部を追い抜いた様子は、ジェットストリームアタックをかけるモビルスーツ「ドム」を連想させたが、多忙の田口は「知らなかった。今度、ちゃんとチェックする」とコメント。フォローしていなかったようだった。

 男としてジャニーズより恋人の小嶺麗奈(37)をとった田口だけに、この日、集まった報道陣はゲームメディアが主で、テレビのリポーターはゼロだった。