「R-1」スギちゃん、キンタロー。新旧ブレーク対決

2013年02月01日 11時03分

 ピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2013」の決勝進出者発表会見が31日、都内で行われた。
 
 今年のルールは昨年と同じで、12人の決勝進出者が4人ずつ3ブロックに分かれそれぞれのブロックで勝者1人を選出。3人で最終決戦を争い、優勝者を決定する。優勝者には賞金500万円のほか、今年から新たに「フジテレビ系列で冠番組放送」という副賞も付けられた。


 決勝進出者は以下の通り(ネタ順)。

 

【Aブロック】 岸学、三浦マイルド、ヤナギブソン(ザ・プラン9)、プラスマイナス岩橋

【Bブロック】 ヒューマン中村、三遊亭こうもり、田上よしえ、桂三度
【Cブロック】 キンタロー。スギちゃん、アンドーひであき、雷ジャクソン高本

 

 注目は昨年の大会でブレークしたスギちゃんと、今が旬であるキンタロー。の直接対決となったCブロック。先に出番を決めたキンタロー。に対しスギちゃんが「やっちゃいましょう!」と、わざわざ直後の出番を選び宣戦布告した。
 
 これには司会の「雨上がり決死隊」宮迫博之が「わかりやすい世代交代になってまうど」とキツイひと言。だがスギちゃんは「マジで負ける気しないんですよ。絶対に世代交代させません」と気合を入れていた。
 
 一方、キンタロー。も「絶対優勝」と力強くコメント。さらに優勝したら与えられる冠番組について「もうインスパイアされました。『キンキンキラキラお悩み相談室 feat AKB48』です」と話していた。


 決勝戦の模様は2月12日午後7時からフジ系で生放送される。