家に居場所がない?瑛太

2013年02月04日 16時00分

 フジテレビの「最高の離婚」とテレビ東京の「まほろ駅前番外地」と現在、異例の1クール2本の連ドラに主演し仕事は絶好調の瑛太(30)だが、プライベートでは2歳の長男がなつかず、自宅で居場所がないという。

 2010年6月に木村カエラ(28)とデキ婚することを発表し、その年の10月には長男が誕生。当初は大好きな飲み歩きを控えるなど家族に尽くし“イクメン”ぶりを発揮していたという。ところが、ここ最近は再び深夜まで飲み歩き、昨年末には「最高の離婚」で共演する真木よう子(30)との不倫疑惑まで報じられた。

「オフも飲みに行くことが多いから、たまに家にいても長男はカエラにベッタリで瑛太に寄ってこない。残念なことに長男の口癖は『パパ嫌だ!』だそうで、抱っこしようものなら大泣き。ヒゲが嫌いなのかと思って剃ってみても効果はなく、お手上げ状態のようです。不倫報道があってからは、カエラもパパへのフォローを入れなくなったそうですよ」(芸能関係者)

 今やカエラも愛息にベッタリで、瑛太には2人の親子仲に入り込むスキがない。なんとか長男と公園へ遊びに行っても間が持たず、すぐに自宅へ戻ってくるという苦悩の日々が続いている。

「撮影現場でも、空き時間に自宅へ電話をかけて息子の声を聞いたりと、パパとしての存在をアピールしています。今は仕事帰りにちょっとしたプレゼントを買って、少しでも息子の気を引こうと頑張っていますね」とテレビ関係者。

 父親としてのポジションを確立できれば、役者としての幅も広がる!?