国民栄誉賞の羽生善治竜王 藤井五段との対局「心待ちにしている」

2018年02月13日 19時41分

羽生善治竜王(左)と井山裕太十段

 将棋史上初の「永世7冠」を達成した羽生善治竜王(47)と、囲碁で初めて7冠独占を2度果たした井山裕太十段(28)が13日、将棋・囲碁界から初となる国民栄誉賞を授与された。

 首相官邸での授与式を終えた両氏は都内のホテルに移動して会見に臨んだ。羽生氏は「大きな励みとして、引き続き棋士として前向きに進んでいかないといけない」。井山氏も「棋士としてまだまだですので、受賞は今後への期待と解釈している」と謙虚にあいさつした。

 世界戦での“日本復権”を誓う井山氏は「長い間、日本としても結果が残せていない状況。少しでもいい戦いができるように、もう一度日本の囲碁を復活というか、日本もやれるんだということを示したい」と述べる。

 藤井聡太五段(15)の対局を17日に控える羽生氏は「藤井さんとは公式戦では初顔合わせ。お客さんを前にした公開対局でもあるので、張り切って土曜日の対局を心待ちにしている」と話し、ファンが心待ちにするビッグゲームへの意気込みを新たにした。

関連タグ: