• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「平成女学園」の女神が明かした大物芸能人の性癖


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「平成女学園」の女神が明かした大物芸能人の性癖


 バブル全盛期の人気お色気番組「平成女学園」で活躍した元グラドルの五十嵐紀子が、45歳にして“決意のヌード”に挑戦。T168・B93・W62・H87の爆乳ボディーを披露。さらに過去、高級クラブで働いていたことも明かし、“私の体を通った男たち”についても告白した。

 昨今の熟女ブームに乗っかって芸能界カムバックを試みる五十嵐は「これまで私が見てきた芸能人のこととかを話すことで、自分の中でひとつの区切りをどうしてもつけたかった」と話す。

 当時、グラビアやテレビで魅せる彼女のセクシーな肢体を狙う有名人は少なくなかった。お笑い界の大御所として知られるXもその一人だ。
「今だから明かせますが私、一時期、銀座の高級クラブで働いていたことがあったんです。そのとき、Xさんは毎日のように店に来てくれて『マジでタイプなのよ』って毎回指名してくれた」

 このXは脱力系のキャラでも知られているが、夜はまた違った一面を見せていた。

「なんかテレビに出ているときよりもハイテンションで、ずっと一緒にいると疲れちゃうの。最後は『フライデーされるとまずいから隠れて会いたいね~』って言われて、あっ!これはホテルに行こうって意味だって分かってお断りしたんです」

 さらにミリオンセラーを連発している大物イケメンロック歌手Zも五十嵐を口説いた一人。Zとはアフターを重ねるごとに親しくなり、ついに結ばれたという。セックスは2回したが「ガツガツしてなくて、とてもスマートな感じでした」。

 体を重ねたときはZが超有名人だとは知らなかったようで、「妹の部屋に遊びに行ったときZさんのポスターが貼ってあって、それで初めて分かったんです」と五十嵐は笑顔を見せる。

 芸能界でささやかれる“枕営業”については、「すぐ噂になっちゃうから、そんなにいなかったと思います。ただ、モデルのコの中にはいましたね。そういうコは『枕モデル』って陰口を叩かれていました」という。

 バブル時代に活躍した五十嵐が、爆乳ボディーを引っさげ再び芸能界を荒らし回れるか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!